オールインワンゲル(ジェル)化粧品の欠点まとめ あえてデメリットを上げてみるなら!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

化粧水から保湿クリーム、商品によってはパックの機能まで備わっている、とても便利なオールインワンゲル(ジェル)化粧品ですが、あえてデメリットを探してみると、あることはあるものでしょう。
1年を通して、同じオールインワンゲル(ジェル)化粧品を使ってみると、やはり冬時期になると、お肌の乾燥が気になる部分も出てくるでしょう。

 

夏に調度いい保湿力であったものが、冬でも保湿力が調度いいということになりませんので、冬時期に保湿力がやや足りなく感じるのは、当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、やはり気に入って使っているものですと、少し残念に思うこともあることでしょう。

悩み

保湿が足りない時は・・・?

そのような時は、冬時期にでも安心して使うことの出来る、保湿力の高いオールインワンゲル(ジェル)化粧品などもありますので、そちらにシフトするといいのではないでしょうか。

 

すこしこってりとした、重めのテクスチャーにはなりますが、しっかりと保湿をしてくれますので、使いやすいのではないでしょうか。
ただ、気に入って使っていた化粧品メーカーを変えたくない、という方も中にはいらっしゃることでしょう。

悩み

悩みそのような場合は、保湿力の高いオールインワンゲ(ジェル)ルはなくても、化粧水など基礎化粧品シリーズが取り揃えてある場合が多いですので、気に入って使っているオールインワンゲル(ジェル)に、その化粧水をプラスしてあげると、保湿力がグッと高くなり、いいのではないでしょうか。

モロモロがでてきちゃう…

またオールインワンゲル(ジェル)化粧品には、潤いを閉じ込めるために、保湿クリームやパック機能も含まれているため、どうしてもモロモロが出てきてしまうものが多いでしょう。
知らないで忙しい朝に初めて使用してしまって、朝の支度に手間取ってしまったという方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

モロモロはオールインワンゲル(ジェル)を使う上では、仕方のないこととして割り切って使うことも出来ますが、実は美容オイルをその後に使うことで、そのモロモロを解消出来る場合が多いでしょう。

オイル

従って、モロモロさえ出てこなければいいのに、と思われていた方でも、美容オイルを併用することで、安心して使うことが出来るでしょう。

 

関連記事:アラサーが教えるオールインワンゲル(ジェル)のメリット デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加 

カテゴリー別で探す♪

口コミ人気商品ランキングフリーメイン下段

乾燥肌フリーメイン下段

敏感肌フリーメイン下段

オイリー肌フリーメイン下段

シワ・シミフリーメイン下段

リフトアップフリーメイン下段

美白フリーメイン下段

高保湿フリーメイン下段

低価格フリーメイン下段

無添加オーガニックフリーメイン下段

ニキビフリーメイン下段

毛穴フリーメイン下段