無添加の商品が最近では人気傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加 

オールインワンゲル(ジェル)は、毎日肌につけるものですから、できるだけ肌刺激がないものがおすすめです。

 

ですから、オールインワンゲル(ジェル)を選ぶ際は、できる限り「肌刺激リスクのある成分が無添加のもの」を選びましょう。

 

ちなみに、肌刺激リスクがある成分としては、以下のようなものが挙げられます。

 

無添加ではない商品のリスク

石油系界面活性剤(肌のたんぱく質を変性・破壊してしまうリスク大)

鉱物油(色素沈着によるシミを誘発するリスク大)

アルコール(肌を乾燥させてしまうリスク大)

合成香料(人によっては強いアレルギー反応が出る)

着色料(着色料の中には発がん性リスクがあるものもあり、そもそもゲルに着色は不要)

 

オールインワンゲル(ジェル)を選ぶ際は、上記の5種類が不使用・無添加となっているものを選ぶということを心がければ、肌刺激のリスクを大いに軽減させることができるでしょう。

 

 

特に、近年のオールインワンゲルは「成分のナノ化」など、浸透性を高める工夫をほどこしているものが多いからこそ、無添加のものを選ぶということが重要になってくるのです。

 

 

浸透性の高いオールインワンゲル(ジェル)に、有害な添加物がたっぷり含まれていると、「その有害添加物も浸透してしまう」ということになりますからね。上記に挙げた中でも、石油系界面活性剤と鉱物油の害は特に深刻ですので、絶対に避けたいところです。

 

無添加のオールインワンゲル(ジェル)をきちんと選ぶことができれば、成分的に安心度が高いので、週に一度程度のスペシャルケアとして「オールインワンゲルパック」なんてゼイタクな使い方をするのもOKですよ。

 

オールインワンゲルパックのやり方は、まず、たっぷりのオールインワンゲル(ジェル)を顔につけて、その上から蒸しタオルをかけ、数分放置します。そして、ぬるま湯で顔のゲルをいったん軽く洗い流してから、もう一度いつものようにオールインワンゲル(ジェル)でスキンケアをすれば完了です。

 

このスペシャルケアをすれば、きっと肌にいつも以上のうるおい感・モチモチ感の効果が出てくるはずですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

カテゴリー別で探す♪

口コミ人気商品ランキングフリーメイン下段

乾燥肌フリーメイン下段

敏感肌フリーメイン下段

オイリー肌フリーメイン下段

シワ・シミフリーメイン下段

リフトアップフリーメイン下段

美白フリーメイン下段

高保湿フリーメイン下段

低価格フリーメイン下段

無添加オーガニックフリーメイン下段

ニキビフリーメイン下段

毛穴フリーメイン下段