オールンインワンゲル&保湿クリームを色々試しています!


オールインワンゲルって人によって本当に賛否両論で、すごく良いって人もいるし、美容をサボってるのと同じって言う人もいて使った事がない人は結構悩んでしまうんです。。。かといって、試すには理由がほしい。。。

 

さらに色んな商品があって、どれが良いのか分からないという人が多いので、色んなオールインワンゲルを使った口コミアンケートを掲載しています。

 

こんな人におすすめ!オールインワンゲルクリーム

年齢肌でシミ、くすみ対策したい!

忙しくて時短美容&効果を体験したい!

効果の高いエイジングケアを試してみたい!

使って良かったオールインワンゲル【ジェル】口コミランキング

 

 

 

オールインワンゲルを使ってみたいと言う方も多いようですが現在、オールインワンゲル化粧品は実に多くあります。
どのようなものを選んだら良いか分からないと言う方も少なくないようです。
そこで、今口コミで人気のオールインワンゲルをいくつか紹介しています。
基本コスメ大賞受賞のオールインワンゲルや、ネットで人気の商品、@コスメなどでレビューが好評化のオールインワン化粧品を試しているので
ピックアップはそこまで間違ってないと思っています!

 

メディプラスゲル×敏感肌

 

 

メディプラスゲルは、ジェル状タイプのオールインワンゲル化粧品。
ワンプッシュ押すだけで十分なほど、サラッと伸びるのが特徴です。
押すだけでOKなので、毎日のスキンケアも続けやすいですよね。
メディプラスゲルは、大手製薬会社と共同開発して作られましたので、お肌への優しさにもこだわっているのも特徴です。
コストパフォーマンスも良く、2ヶ月で1本2996円のコストなら続けやすいかもしれませんね。
現在、100万本を売り上げているメディプラスゲル、敏感肌の方なら尚、オススメです。

価格 特徴
2996円【税込】 お試しコース有

 

 

 

 

パーフェクトワン×コラーゲン


TVCMでお馴染みのシリーズ累計2,500万個の販売実績のある有名なオールインワンゲルです。複合型コラーゲンで最近の肌に変化を感じる方や、年齢肌にアプローチできます。美白&保湿にも力を入れていて紫外線対策にもなる優れたオールインワンゲルです。みんなが一度は使ってみたい化粧品の一つです。

価格 特徴
1900円【税抜き】 5種類のコラーゲン

 

 

 

 

 

ブランシュールジェル


乾燥肌や保湿に超特化したオールインワンゲルクリーム!口コミでの評価が高く、真珠エキス、シルク、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーといった他のゲルクリームにはない美容成分が豊富に使用されています。時短美容でコスパが良いというコメントも多く、リピ率の高い商品。価格的にもリーズナブルで試しやすいゲルの1つです。

価格 特徴
2300円【税抜き】 シルク&真珠成分

 

 

 

 

ビバレイン


生理前の肌荒れに、オールインワンゲルのロングセラー ビバレインが効果的です。セラミドとアロエエキスの融合で、しっとり乾燥肌、敏感肌の人にも口コミ評価は高い商品です。日焼け後のケアまでサポートしてくれるます。60日の返金保証が有効で、お肌に合わない場合は返金してもらえるのが安心です。

価格 特徴
4500円〜 生理前×肌荒れ

 

 

一番口コミ評価の高いメディプラスゲル試してみました!


⇒【体験!】メディプラスゲルの感想まとめはコチラから

 

オールインワンゲルでネットでも異常に口コミ評価が高く、みんなが押してるアンチエイジング?敏感肌の為のメディプラスゲルを体験レポしています。

人気!優秀!オールインワンゲルユーザーはこんな人!

 

オールインワンゲルの化粧品は近年、需要が高まりつつあります。
その理由として、挙げられるのが女性の社会進出です。
時間を短縮できるオールインワンゲル化粧品は今や働く女性の救世主と言えるでしょう。

 

仕事、家事、育児、介護にフル回転だからこそオールインワンゲル!

 

女性の仕事は実に多くあります。仕事に、家事に育児。
また旦那さんの両親や実の両親と同居をしている方なら介護もしているという方も多いかもしれません。今はまだその必要がなかったとしてもやがては訪れるかもしれない介護は身体的にも精神的にもキツイものです。スキンケアにかける余裕も時間もなくなってしまうことも多くなるかもしれません。

 

オールインワンゲルは、そんな忙しい毎日を送る女性だからこそ使うべき化粧品と言えます。

 

オールインワンゲルを選ぶときに知っておきたい3つのポイント


【写真はオールインワンゲルの塗り方】

 

オールインワンゲルを選ぶときの、重要なポイントはズバリ、

 

〇浸透性

〇保湿成分の充実性

〇抗酸化成分の充実性

 

この3つです!

 

■浸透しなけりゃ意味がない!

 

オールインワンゲルを選ぶための重要な3ポイントの中でも、最重要となるのは「浸透性」です。

 

どれだけすぐれた成分が配合されていようと、角質層の奥まで浸透しなければ、有効成分が生かされないので、意味がありません。

 

オールインワンゲルは、「化粧水や美容液に比べると浸透性が悪い」というものが大半ですので、ナノ化や極小カプセル化・独自の浸透テクノロジー開発など、何らかの形で浸透性を高めるための工夫をしているものを選ぶことが大切ですよ。

 

ですからまずは「どれだけ浸透性にこだわっているのか」という点を見て、ふるい分けするのが正解なのです。

 

■保湿は絶対に必要!

浸透性にこだわったオールインワンゲルを見つけられたら、2段階目のふるい分けとして、「保湿力」をチェックしてみましょう。

 

「私はどちらかと言えばオイリーな肌だから保湿成分なんて必要ないよ」という人もいますが、実はそれって、保湿成分が足りないからこそ、皮脂で肌を乾燥から守ろうとして皮脂分泌過多になっているケースも少なくありません。

 

角質層をしっかりと「保水系のうるおい」で満たせることが、皮脂分泌を適正にコントロールし、肌を水分でふっくらさせることにもつながるのです。

 

細胞間で保水する力にすぐれているセラミドまたは、保水バランスの良さを追求した複合保湿成分が配合されているものを選びましょう。

 

■抗酸化成分で肌老化をブロック!

 

浸透性・保湿力がクリアできたオールインワンゲルの中から「最後のふるい分け」として重視したいのが、「抗酸化成分の有無」です。

 

抗酸化成分は、紫外線や活性酸素等による肌老化のリスクを低減させてくれる効果が期待できるので、これもぜひとも欲しい成分です。

 

おもな抗酸化成分としては、ビタミンC(アスコルビン酸)・フラーレン・アスタキサンチン・OPC・カテキン・各種ポリフェノール・ビタミンE(酢酸トコフェロール)・コエンザイムQ10などが挙げられます。

 

これらの抗酸化成分のうち、最低でも何かひとつ配合されているものを選びましょう。抗酸化成分が複数入っているものがあれば、よりベターです。

オールインワンゲルを6年使った人の口コミと感想

オールインワンゲルを使うと他のコスメは使えないというほど
その保湿力に驚くと思います。
これまでの保湿化粧品はなんだったの?と思えます。

 

 

どんなに高価な保湿化粧品を使っても改善しなかった私のお肌は
ゲル1本で見違えるよう
になりました。

 

 

これは使ってみないと本当に良さを実感できないのですが
先ずお肌に塗るとお肌の奥の奥までしみ込んでいくのがわかります。
これまで保湿コスメは塗ったその瞬間は潤った感があるのですが
時間が経つと乾燥してしまったという経験がたくさんあります。
けれどオールインワンゲルは時間が経っても乾かないのです。

 

 

これがすごいところです。塗ったその部分はしっとりとした状態が続きます。
触るとわかりますが、モチモチとした感じです。

 

 

私は6年程使っていますが、お肌のキメも整ってくるのが嬉しいと思います。
毛穴の目立ったお肌が改善されてすべすべとしたお肌になります。
これまで諦めていた乾燥肌はこの1本さえあれば満足です。

 

 

他のコスメに変えることなく6年ずっと使っているのは、やはり効果があるからです。
ゲルの中には適度な水分と油分のバランスのとれた成分が配合されているため
いつまでもきれいなお肌を保ち、乾燥を防ぎます。
乾燥を改善したいという人のためにはお勧めのコスメです。

忙しい女性にピッタリなオールインワンクリーム

家事と子供の世話で忙しい主婦や残業続きなOLのかたなどにオールインワン化粧品は最適です。
このジャンルの需要が増えているためかネットなどでも新商品がたくさん出ているので自分に合ったものを選ぶことができます。

 

 

一本で化粧水、乳液、クリームのすべてを補えるので一本当たりの価格は高く感じてもトータルではかなりの節約になります。旅行のときなどは本当に助かります。

 

 

よくリンスインシャンプーを連想されてあまり良い印象を持たれていないとも聞きますが、実際は逆でメーカー違いのスキンケア用品を使って起きる相性の悪さが原因のトラブルなどを防ぐ意味でも大きなメリットはあります。同一メーカーの同シリーズを使用するのと同じ安心感があります。

 

 

メディプラスゲルはオールインワン化粧品ではロングセラーといえる商品です。セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタまで入って4千円弱はかなりコスパが高いです。二か月は持つのでひと月2千円弱の計算です。

 

使用感はかなりよく、何よりもスピーディーです。基礎化粧にかなりの時間を使っていた事が使って初めて知る、といった感じです。

 

オールインワンゲル化粧品の様々な違いと種類ガイド

オールインワンゲルといっても色々?オールインワンゲルといっても、そのすべてが同じというわけではありません。

 

目的に応じて、いくつかの種類に分けられていますよ。

 

近年、特に人気が高いオールインワンゲルの種類として挙げられるのは

 

エイジングケア用

美白用

敏感肌用

 

の3種類ですね。

 

それぞれどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

 

■エイジングケア用のオールインワンゲル

 

良質なエイジングケア用のオールインワンゲルの特徴として挙げられるのは、「他にはないエイジングケア成分が入っている」という点ですね。

 

エイジングケア成分として特に評価が高い成分としては、プロテオグリカン・コラーゲン&エラスチン・レチノール・CVアルギネートなどが挙げられます。

 

ただしこの中で、レチノールは「肌のターンオーバーを活性化させる作用にすぐれているものの、若干肌刺激が強い」というリスクがありますので、敏感肌の人は避けたほうがいいかもしれません。

 

■美白用のオールインワンゲル

 

美白用のオールインワンゲルというのは、実は2つの種類に分かれます。

 

ひとつは「これからメラニン生成がなされないようにする」という予防美白目的のもの、そしてもうひとつは「今あるメラニンにも働きかけようとするもの」です。

 

まず、予防美白目的に使える成分としては、ビタミンC・トラネキサム酸・ルシノール・アルブチン・プラセンタエキス・ニコチン酸アミドなどが挙げられます。

 

ちなみに、現在世間に出回っている美白用オールインワンゲルのほとんどは、こうした「予防美白目的」に分類されます。

 

では、今あるメラニンをどうにかするタイプの美白用オールインワンゲルはないのかというと・・・

 

ハイドロキノン配合のものであれば、「今あるメラニンに対する漂白効果」が、ある程度期待できます。

 

ハイドロキノンは「シミの漂白剤」という異名を持つ成分で、医薬品として、皮膚科等でひどいシミなどを軽減するために処方されます。

 

スキンケア用品に配合されているハイドロキノンは当然、医薬品よりも低濃度なのですが、毎日使うことで「ゆっくり無理のない、少しずつの漂白」は期待できる可能性がありますよ。

 

ただし、ハイドロキノンは皮膚刺激が比較的強く、しかも変質しやすいという大きな弱点があります。このリスクを少しでも減らすためには、普通のハイドロキノンではなく「安定型ハイドロキノン」を配合しているものを選ぶのがおすすめです。

 

■敏感肌用のオールインワンゲル

 

敏感肌用のオールインワンゲルは、特に「良質な保湿成分をたっぷり使っているかどうか」を重視するのがポイントです。

 

敏感肌の人のほとんどはバリア機能が弱っているため、肌の保水力も低下しているんですよ。ですから、乾燥肌と同等またはそれ以上の保湿でしっかりと肌を守ることが要求されるのです。セラミドや複合保湿成分の配合に加えて、保湿系天然植物エキスなどもぜひほしいところですね。

 

あともうひとつ、敏感肌用のオールインワンゲルにほしい成分として挙げられるのが、抗炎症成分です。敏感肌に起こりやすいかゆみやヒリヒリ感を抑えてくれる、頼もしい味方ですよ。

 

グリチルリチン酸2Kやカミツレエキス・コウキエキス・アロエエキス等がおすすめです。

 

■化粧水を必要とするオールインワンゲルもあり!

 

先ほど挙げた「オールインワンゲルの、目的別の種類分け」というのとはまったく別の種類分けとして挙げられるのが、「化粧水が必要なオールインワンゲル」です。

 

実はオールインワンゲルの中には、「ゲルをつける前に、導入化粧水を必要とする」というものもあるんですよ

 

オールインワンゲルと言えば、本来は化粧水・美容液・ゲルまたは乳液やクリーム、そのすべての役割を果たす」という意味合いが強いのですが、導入化粧水を必要とするオールインワンゲルは、「化粧水としての役割はあまり果たさない」と考えたほうが良さそうですね。

 

もっとも、導入化粧水を必要とするオールインワンゲルは「導入化粧水をつけることで浸透性を高められる」という言い分があるようですが、近年はオールインワンゲルの浸透性もかなり高まってきているため、「導入化粧水がなければちゃんと浸透しないオールインワンゲル」を選ぶことは、あまり意味がなくなってきている、と言えるかもしれません。

 

【ランキングに参加しています】
相互リンクとランキングプラス
オールインワンゲルのサイト by BlogPeople
相互リンク
ブログランキング